近藤雄生(こんどうゆうき) ノンフィクションライター

1976年東京生まれ。大学院修了後、旅をしながら文章を書いて暮らそうと決意し、2003年に妻とともに日本を経つ。オーストラリアでのイルカボランティア(2003-04)に始まり、東南アジア縦断(2004)、中国雲南省で中国語の勉強(2005)、上海で腰をすえたライター活動(2006-07)、その後、ユーラシアを横断してヨーロッパ、アフリカへ(2007-08)。旅と定住を年単位で繰り返しながら、各国からルポルタージュ・写真を週刊誌・月刊誌に発表。するとあれよあれよという間に5年半。旅は生活になると確信したものの、疲れきって08年10月についに帰国。以来、京都在住。紀行文、ノンフィクション、エッセイ、理系記事・書籍などを執筆。京都造形芸術大学(2011―)、大谷大学(2012―)非常勤講師。(写真撮影 吉田亮人さん)

★著書:
『終わりなき旅の終わり さらば、遊牧夫婦』(ミシマ社)
『中国でお尻を手術。 遊牧夫婦、アジアを行く』(ミシマ社)

『遊牧夫婦』(ミシマ社)
『旅に出よう 世界にはいろんな生き方があふれてる』(岩波ジュニア新書)

★共著:
『冬の本』(夏葉社)

★これまでのルポ、エッセイなどの執筆媒体:
「新潮45」「考える人」「G2」「芸術新潮」「週刊新潮」「PHPスペシャル」「中央公論」「世界」「週刊金曜日」「読売ウィークリー」「自然と人間」「望星」など、多数。

★連載:
・『新潮45』「吃音と生きる」 2014年1月~(不定期 2014年2月号、7月号、2015年8月号、9月号に掲載)
・『考える人』「ここがぼくらのホームタウン」 2016年春号~
・『みんなのミシマガジン』 「遊牧夫婦こぼれ話。」 2014年6月~(月1回)
・『住ムフムラボ』(積水ハウスウェブサイト) 「劇的進行中~”夫婦の家”から”家族の家”へ」 2013年4月~(3ヵ月に一度)

(過去の連載)
・『KIX ITM MAGAZINE』(関西空港のフリーペーパー) 海外紀行文 2014年6月~2015年4月(隔月1年間)
・『ENFARM LIFE』(家庭用燃料電池エネファームの季刊PR誌) 環境問題に関する特集記事 2010年~2014年(計16回で終了)
・『ドラブっくchaya』(安全運転ウェブサイト) 「近藤雄生の遊牧運転もラクじゃない」 2012年1月~2013年12月(ほぼ隔月)
・『みんなのミシマガジン』 「遊牧夫婦」 2009年7月~2013年6月(全106回)
・『朝日新聞(京都版)」「四季つれづれ」2012年5月~7月(エッセイ、計5回)
・『京都新聞』新聞評 2011年6月~11月(月1回)
・『Link Club Newsletter』 「国境を往く」 2007年3月~2009年3月(隔月)
・『SUPER CITY SHANGHAI』「中国・路傍の人々」 2006年8月~2007年9月(月1回)
・『SQUARE』(進学塾SAPIXの隔月刊情報誌) 「近藤雄生の”こんな生き方”」 2006年6月~2009年2月(隔月)
・『自然と人間』「人びとの海」 2003年11月~2009年1月(隔月)

★「理系ライターズ チーム・パスカル」結成しました。
理系関係のウェブ、雑誌記事や理系書籍にも多数執筆参加。
(以下、各本3割~7割ほどを執筆、深海生物本2冊のみ全篇執筆)
『子どものギモンに答える本』(PHP研究所)
『宇宙の秘密』(PHP文庫)
『こんなにすごかった! 宇宙ロケットのしくみ』(PHP文庫)
『タイムトラベル 超科学読本』(PHP研究所)
『あらすじとイラストでわかる相対性理論』(イースト・プレス)
『深海の生きもの 衝撃ファイル』(宝島社)
『思わず話したくなる「深海魚」のふしぎ』(宝島SUGOI文庫)
『実録!巨大モンスター衝撃ファイル』(宝島社)
『「進化」の地図帳』(青春出版社)

★編集協力:
『EMIRI BOOK Kyoto』 (ATパブリケーション)

これまでの仕事に関する詳しい情報は、ARTICLES, BOOKS, EVENTSをご覧下さい。執筆記事は一部、pdfでダウンロードできます。